本文へスキップ

治療家紹介

院長 栢之間 理沙(かやのま りさ)

はじめまして!
KAYA鍼灸院 院長の栢之間 理沙(かやのま りさ)です。
私は、生まれも育ちもここ、平塚で生活をしています。
 
平塚の良いところは、鎌倉や江の島などと比べると人混みも少なく、山と海に囲まれていて自然がたくさんあり、のんびりした感じがとても気持ち良い所です。
 地元花水小・浜岳中、平塚農業高校を卒業し、大学は体育の教員を目指して東京女子体育短期大学に入学し大学卒業後、恩師とのご縁で母校の平塚農業高校に勤めました。
高校では教科は異なりますが、食品科学科の実習助手を務め、焼き菓子や肉加工を担当していました。農業高校なので農作業や、畑でできたものを加工したりと、作るだけでなく食の安全性も考えながら生徒たちと楽しい時間を過ごしていました。また、部活動にも力を注ぎ、長い間バスケットボールのコーチとして生徒と一緒に汗をかいていましたが、部活動を続ける中、生徒の怪我のケアができればいいなとの思いから、教員生活を辞め、はりきゅうの専門学校(神奈川衛生学園)に通いました。
 長年スポーツに携わっていたのでトレーナの勉強もしましたが、鍼灸の勉強をしていくうちに東洋医学の深さに魅了されていきました。
 鍼灸学校卒業後、訪問マッサージ、整骨院を経験後、東京神田にある「鍼灸整骨院TAIU」のオープンスタッフとして働き出しましたが、長年教員への志望があったので何度も教員になろうかと、葛藤がありましたが、師匠との出会いで東洋医学の道で進んでいこうと決心し、鍼灸のみで治療に励むことに腹をくくりました。
現在、地元平塚で週3日(月・水・土)治療をしながら、東京の「鍼灸整骨院TAIU」で週3日(火・木・金)治療を行っています。
 東京ー平塚と離れてはいますが、少しでも多くの方に鍼灸治療を受けてもらえるよう、日々飛び回って活動をしています。

趣味:
バスケットボール(平塚のチームに所属しています〜)
山・沢登り(丹沢を中心に仲間といってます)
音楽鑑賞(no music no life)
旅行